ロゴ

自分に合った媒体契約を結んで満足のいく不動産売却をしよう

HOME>注目記事>【相場ってどれくらい?】不動産売却の流れを把握しよう

不動産売却を検討してみよう

新しい土地に引っ越したり、使用していない土地がある場合は不動産売却をしましょう。不動産売却をすることで不動産そのものを現金することが出来ます。また、引っ越しなどの際は新しい住まいの買い替えに充てられることが出来ます。

不動産売却を考えたら揃えとく必要書類

  • 身分証明書
  • 実印
  • 登記識別情報
  • 固定資産税評価証明書など

必要書類を確認しておきましょう

戸建てやマンション、土地などの不動産の種類によって必要な書類は変わります。必ず必要になる書類もあれば、任意の書類もあります。自分が売却したい不動産の必要な書類を事前に準備しておきましょう。それが、より良い条件で売却を出来るポイントです。

物件を売りに出すまでの流れ

部屋

土地の相場を把握しておく

不動産にいきなり相談をするよりも、まずは事前に自分で物件の相場を調べてみましょう。国土交通省が公表している地価公示などを利用して不動産の相場を調べることが出来ます。また、インターネットなどで周辺の物件がいくらぐらいなのか知っておくことも重要です。

複数の不動産会社に依頼してみよう

不動産会社で査定をしてもらいましょう。不動産会社は、不動産業独自の流通情報を持っています。ですので、さまざまなデータを照らし合わせて査定をすることができます。また、多くの不動産会社は査定が無料で出来るので複数の不動産会社に査定を依頼すると良いでしょう。

依頼する会社を決めて売りに出そう

事前に自分で集めた情報と不動産会社の査定金額をベースにして不動産売却を依頼する会社を決めましょう。不動産売却の契約は媒体契約を言います。媒体契約にはさまざまな種類の契約の方法があるので自分の希望に沿う媒体契約をしましょう。その後、売り出し価格などを決めて物件を売りに出します。

【相場ってどれくらい?】不動産売却の流れを把握しよう

住宅模型

不動産売却時の注意点

不動産を売りに出す時は、必ず住宅ローンを全額返済します。万が一、住宅ローンが払えない場合は任意売却を利用しましょう。しかし、任意売却をしたからといっての残りの負債がなくなるわけではありませんので注意をしておく必要があります。